Webデザイナーになるにはどんなスキルが必要なのか!?

Share on facebook
Share
Share on linkedin
Share
Share on twitter
Tweet
tablet

今回はWebデザイナーの属性や必要な才能、特徴から、Webデザイナーになるための勉強方法まで、この記事で紹介していきます。
将来的にWebデザイナーとして働きたい方は、ぜひこの記事で勉強してください。

 

 

 

 

【3つのWebデザイナーの仕事内容】

スマートフォンの普及により、インターネットを閲覧することが当たり前になり、Webデザインという分野を耳にすることが多くなってきました。それらに興味を持ち、「将来は自分のWebサイトを作っていろんな人に見てもらいたい」「Webサイトを作る仕事に就きたい」と考えるお子さんもいるのではないでしょうか。まずは、Webデザイナーの仕事内容について説明します。

 

1、クライアントとの相談

Webデザイナーは、その名の通りWebサイトを制作する仕事ですが、仕事はそれにとどまりません。一般的に、デザイン制作に関わる仕事は多岐にわたります。制作を開始する前に、クライアントとの打ち合わせが行われます。クライアントとの打ち合わせは、「ヒアリング」とも呼ばれます。 デザイナーはクライアントのWebサイトの要望を汲み取り、その要望に沿ったWebサイトの提案書を作成します。デザイナーはWeb制作のスペシャリストとして、問題点の解決やアクセシビリティを高めるサイト設計の提案など、戦略を練り、クライアントに提供します。一から作り直す場合もあれば、古いサイトをリニューアルする場合もあります。

 

2、レイアウト設計

クライアントと打ち合わせを行い、企画書を完成させた後、デザイン制作を開始します。最初の段階では、ワイヤーフレームとコンセプトデザインを作成します。コンセプトデザインとは、クライアントのニーズに合わせて、デザインの方向性やどのようなデザインを採用するかを決定する作業です。配色や構造、使い勝手などを考慮しながら、デザインを決定していきます。ワイヤーフレームとは、Webサイトのページ構成やレイアウトを記載し、構築すべき内容を示す文書です。ボタンや検索ボックスなど、Webサイトのどこに何を配置すべきかを確定するものです。ワイヤーフレームとコンセプトデザインは、ウェブデザインのドラフトに似ています。

 

3、Web上のデザイン表現

ワイヤーフレームやコンセプトデザインが完成したら、いよいよサイトにデザインを載せていきます。ロゴ、バナー、オンラインデザインなどは、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックデザインソフトを使用して作成します。デザイン力を発揮する絶好の機会でもあります。そして、そのグラフィックを使って、HTMLやCSSなどのコーディングやプログラミングのプロジェクトが行われます。これらが完了し、インターネット上でデザインが公開されます。最後に、サイトのデザインがインターネット上で見られるかどうか、ダブルチェックを行います。

 

 

 

 

【ウェブデザイナーの年収】

Webデザイナーの年収はおよそ460万円と推定されます。一方、Webデザイナーの年収は、経験やスキルによって差があります。新入社員としての研修期間中は、一般的な水準よりも低くなる可能性があります。経験豊富なデザイナーの年収は、全国平均を上回ることもあり、年収の幅が広い職業といえます。

 

【Webデザイナーの特徴を持つ人とは?】

複雑な図面を作成するだけでなく、クライアントと打ち合わせをしたり、Webサイトの変更やアイデアを検討したりと、多くの思考を必要とする仕事です。Webデザイナーの仕事は、ネット上のデザインを駆使して、不特定多数の人に情報を発信することです。Webデザインを使って不特定多数の人に情報を発信する職種なので、人に伝わるデザインセンス、デザインを開発する楽しさ、デザインを説明するための合理的な推論ができることなどが必要です。

 

 

 

 

【ウェブデザイナーとして働くために必要な9つのスキル】

 

 

Webデザイナーとして働くには、資格や学校での勉強は必要ありません。しかし、仕事柄、Webやデザインの専門知識やスキルは必要です。経験や専門知識がないと就職は難しいので、将来的に就職するためにも必要な知識や能力を身に付けておきましょう。以下では、Webデザイナーになるために必要な知識・スキルと、今後活躍するためにマスターしておきたい9つの知識をご紹介します。

 

1、 デザインに関する専門知識

優れたデザインセンスは、デザイナー、特にWebデザイナーに求められるものです。デザインセンスを身につけるためには、デザインの知識が必要です。最新のデザインを学び、良いデザインを調べ、日々知識を増やす勉強をすることでデザインセンスを磨くことができます。デザインの基礎知識は、他のデザイナーと話すときや、デザインを起こすときにも必要なので、勉強しておくことが大切です。

 

2、ソフトウエアデザインスキル
PhotoshopやIllustratorなどのデザイン制作ソフトを使いこなすことが必要です。ソフトの使い方がわからないと、就職は厳しいでしょう。企業側もソフトの使い方を評価する場合があるので、スキルチェック表を作成して再確認するのも良い方法です。Adobe DreamweaverやAdobe XDなどの制作ソフトもあるので、いろいろなソフトを使いこなせると、応募できる会社や仕事の幅が広がります。

 

3、UI/UXデザインへの理解
UI/UXデザインの知識は、将来のプロフェッショナルとしての成長につながるスキルです。Webサイトをシンプルに使いやすく、やりがいのあるものにするために、心理学を考慮したデザイン知識です。使いやすいWebサイトは、アクセス数やコンバージョン率を高め、顧客の幸福度を向上させることができます。

 

4、プログラミングの専門知識
デザインだけでなく、プログラミングのスキルも必要です。特にHTML、CSS、JavaScriptのコーディングスキルは必須です。プログラミングがなくてもデザインは可能ですが、エンジニアとのコミュニケーションには理解が必要です。その他、PHPなどのプログラミングスキルがあれば、よりWebデザインに深く関わることができます。

 

5、Webマーケティングの専門知識
マーケティングの知識は、ECサイトを運営する上で重宝されるかもしれない才能です。マーケティングには、市場調査やアクセス解析などの分析力が必要です。マーケティングを学べば、ユーザーが購入するために何をすべきかを考えることができるようになります。それがWebサイトのデザインにも反映され、結果としてユーザーの購買率が高くなります。マーケティングの知識を活かして、サイトの売上アップとWebデザインのスキルアップを目指しましょう。

 

6、SEOやWebライティングのノウハウ
Webサイトを構築しても、Googleなどの検索エンジンで検索されなければ意味がありません。SEOやオンラインライティングの知識は、サイトへの集客にも有効です。ライティング能力が評価されます。

 

7、ビジネスの知識
ビジネスの基本的な知識は、どの職業でも必要です。もちろん、Webデザイナーにもビジネス能力は必要です。Web制作は、他のメンバーとのチームワークで行うことが多いものです。クライアントとの打ち合わせや提案書の説明など、ビジネススキルが必要とされる場面は一例です。メールや電話だけでなく、社内外の人と関わるときにも、ビジネススキルは必要です。

 

8、マネジメント力
自分のタイムテーブルをコントロールするためのマネジメント能力を身につける必要があります。自分のスケジュールとプロジェクト全体をコントロールし、タイムテーブルに沿って準備を進め、メンバーを鼓舞するなど、主体的なマネジメント能力を身につけることが、仕事の成功につながります。

 

9、コミュニケーション能力
Webデザイナーは、基本的な能力ではないものの、お客様との打ち合わせやエンジニアとの共同作業など、具体的な場面で効果的なコミュニケーション能力を求められることがあります。デザインの意味を説明したり、消費者の要望を引き出したりする際には、確かなコミュニケーション能力と自分の言葉で語れる能力があることが望ましいといえます。

 

 

 

 

【将来性が期待されるWebデザイナーの3つの資質】

社会人になると、将来の可能性や仕事の進み具合が気になるところですよね。将来有望なWebデザイナーは、「デザイン性が高い」「デザイン以外の仕事もこなせる」「グラフィックデザインも実行できる」という3つの特徴を持っています。以下、優秀なWebデザイナーの特徴について詳しく解説していきます。

 

1、高いデザイン力
現在のデザイントレンドを反映し、他の人には真似できない魅力的なデザインを生み出すことができるなど、将来性を考えると高いデザインの才能は欠かせません。Webサイトだけでなく、現在のトレンドのWebサイトデザインを研究したり、雑誌や美術館などでレベルの高いデザインに触れたりすることで、デザイン力を養うことができます。単にデザインを作れるだけでなく、日頃からデザイン力を高めておくことが、Webデザイナーになるための第一歩です。

2、デザインだけでなく、できることが多い
現在のデザイントレンドを反映し、他の人には真似できない魅力的なデザインを生み出すことができるなど、将来性を考えると高いデザインの才能は欠かせません。Webサイトだけでなく、現在のトレンドのWebサイトデザインを研究したり、雑誌や 美術館などで単にデザインを作れるだけでなく、日頃からデザイン力を高めておくことが、Webデザイナーになるための第一歩です。

 

3 グラフィックデザインができる
Webサイトを制作する際には、グラフィックデザインが必要とされることが多くあります。そのため、IllustratorやPhotoshopなどのツールを使ったグラフィックデザインのスキルが必須となります。グラフィックデザインの能力が高まると、レイアウトや書体の理解が深まり、Webサイトのデザインもより魅力的なものになります。グラフィックデザインの才能があれば、Webサイトの見栄えも良くなる。

 

 

【Webデザイナーになるための勉強方法】

ウェブデザイナーとして働くには、正式な学位やトレーニングは必要ありません。ウェブデザイナーは誰でもなれるのです。しかし、Webデザイナーとして活動するためには、Webの知識とデザインスキルが不可欠です。ここでは、これらの能力や情報を勉強して身につけるための4つの方法を紹介します。教育や能力がなければ、Webデザイナーになることは難しいでしょう。

 

 

1、 専門学校へ入学する
多くの専門学校では、Webデザイナーとして就職するための特別なカリキュラムを用意しています。ほとんどの専門学校が2~3年制で、卒業時にはWebデザイナーとして必要な知識と能力を身につけることができます。個人差はありますが、一人でWebサイトを構築できるようになることも可能です。また、就職活動の支援も行っており、就職の必要性を意識した学習ができます。

 

2、大学へ進学する
Webデザインに関連するプログラミングやシステム、Webマーケティングなどを学ぶことができる大学へ進学する方法もあります。大学での教育が、Webの専門性を高めることにつながるかもしれません。情報学、デザイン、経営学などの教育機関では、そのようなコースが用意されている場合もあります。

 

3、 スクールに通う
働きながら、あるいは大学で学びながら、Webデザインを学びたいという社会人の方は、学校に通うことをおすすめします。学校には、Webデザイナーになるためのプログラムが用意されています。コースはいくつかのレベルに分かれており、自分の希望に合ったコースを選ぶことができます。履修期間や授業料は科目によって異なるので、入学前に自分がその学校で何を学びたいかを考えておきましょう。

 

4、自己分析を行う
Webデザイナーになるための専門学校やプログラムはありますが、独学で勉強することも可能です。資格や学歴は必要なく、本やインターネットで簡単にWebデザインについて学べるので、独学で勉強する人もいます。学校に通うのが面倒な人は、いつでもどこでも好きな時に勉強することができます。

 

 

 

 

【まとめ】

将来、Webデザイナーとして活躍するために必要な能力を身につけよう
Webデザイナーには、デザインセンスだけでなく、幅広い知識と能力が求められます。プログラミング、マーケティング、デザインソフトの使い方など。将来、Webデザイナーとして働きたいなら、何を学ぶ必要があるのかを理解しておくことが重要です。Webデザイナーになるための勉強方法はいくつかあるので、大学か専門学校のどちらで将来の仕事を目指すかを考えておくとよいでしょう。

Share on facebook
Share
Share on linkedin
Share
Share on twitter
Tweet

Related Posts

カテゴリー

Authors

IMG
Hannah
a
Jin

JCCについて

若者、ティーンエイジャー、そしてヤングアダルトにとって、Japan Coding Clubは楽しくコードを学ぶことができるソーシャル・コーディング・クラブです。弊社はコーディングが初めての人でも簡単に始められるように、オンライン・コーディング・チャレンジを数多くデザインしています。 

誰もが少なくとも1つの分野では有能であるというのが、弊社の確固たる信念です。大切なのは自分の強みを見極め、そこに集中することです。少年が創造的・技術的な目標を実現できるよう、手助けをしてあげましょう。