プログラミング言語で有名なPython(パイソン)とは?

Python(パイソン)とは、1991年、オランダ人グイド・ヴァン・ロッサムという方によって作られたコンピュータ言語で、現在ではアプリケーション開発、人工知能、データ解析など、幅広い用途で使用されています。

Pythonは、日本だけでなく世界中で広く使われているプログラミング言語です。
コードがシンプルでわかりやすいので初心者におすすめで、近年は子どもの学習教材としても使われることが多くなっています。

今回はそんなPythonについて詳しく紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Pythonとは?

 

 

Pythonは、民間企業、教育機関、そして政府機関など、さまざまな組織で利用されています。

さらに、近年は人工知能や機械学習が盛んに報道されていますが、この2つの領域でもPythonが採用されています。
Pythonは、人工知能や機械学習のロボットやアプリケーションの作成に頻繁に使用されています。
大学などの教育機関でもPythonの導入が進んでおり、必修科目としている大学もあります。

Pythonは、データ収集や分析の効率を高め、大量のデータを素早く分析する能力も持っています。

 

 

 

 

・どのようなところで使われているか?

 

Pythonでは様々なことを実行できますが、実は日常的な場面でも活用されています。

YouTube、Instagram、Dropboxなどの有名なWebアプリでPythonが活用されています。
また、ソフトバンクのロボット「Pepper」は、感情生成エンジンにPythonを採用していることが知られています。

身近なサービスでPythonが採用されていると、Pythonをより学ぼうとする気持ちになりますよね。

 

 

 

・Pythonの最大の特徴とは?

 

 

1.初心者でもとっつきやすく、覚えやすい

文法がシンプルでわかりやすいので、学習しやすい言語です。
1行のコードでどのように動作するかを示すことができ、誰が作成したかに関係なくコードを複製することができるため、理解するのが簡単です。書くのも読むのも簡単なので、他の人が見たら簡単に変更できます。

 

2.人工知能や機械学習は得意分野

Pythonは人工知能(AI)開発のためのプログラミング言語として選ばれており、AIや機械学習に興味がある方はPythonの習得をおすすめします。

 

 

3.タスクは得意な人がやれば効率化できる

また、インターネットからデータを集めて評価するのも得意です。
Pythonはライブラリが充実しているため、大量のデータを調べる際にも高速で便利なデータ処理です。
また、大量のデータの解析にも利用できます。その他にも様々な仕事を自動化することが可能です。

 

 

・JCCでPythonを使ってゲーム開発をしよう!

 

 

JCCでは、Pythonを使用して、お子さまでもわかりやすく、コンピュータゲームを作る方法を学ぶことができます。また、ゲーム開発を通してSTEM(科学、技術、工学、数学)スキルを学び、お子さまのSTEMの力を強化します。

 

現在、無料体験レッスンを実施中ですので、ご希望のお客様はこちらよりご応募ください。