デジタルネイティブとは何か?そしてZ世代の特徴とは?

Share on facebook
Share
Share on linkedin
Share
Share on twitter
Tweet
CODE MAIN

 

デジタルネイティブ世代の若者にとって、インターネットは息をするように自然なものとなっています。ここでは、デジタルネイティブ世代の特徴と、子育てをする際の注意点について解説します。

 

 

まずはじめに、デジタルネイティブとは一体何なのでしょうか。

一般的に、1980年以降に生まれた世代をデジタルネイティブ世代と呼びます。彼らは幼い頃から情報処理能力が高く、生まれた時からすでにITの世界に慣れ親しんでいることが特徴です。

そのため、情報化社会に生きる子どもたちには、これまでとは異なる教育が必要です。

今の子どもたちは、スマートフォンネイティブなのです。Z世代
年齢によって、デジタルネイティブは3つのグループに分けられます。それぞれの年齢層で価値観や行動様式が異なるという区別です。

ミレニアル世代は、Y世代と呼ばれることもあり、1980年から1995年の間に生まれた世代です。スマートフォンネイティブ、またはZ世代は、1996年から2012年の間に生まれた人たちです。

X世代は、1960年から1974年の間に生まれ、大人になってからコンピューターに触れた人たちと定義されています。

Z世代以前はパソコンやインターネットに多くの時間を費やしていましたが、Z世代は成長とともにスマートフォンやSNSに触れ、それらを使いこなすようになりました。

 

 

デジタルネイティブであるZ世代の若者たちの6つの特徴

Z世代の子どもたちは、これまでのデジタルネイティブ世代とは異なり、幼少期にインターネットやソーシャルメディアプラットフォームに触れる頻度が高いことが特徴です。

Z世代の若者の6つの特徴について、以下に説明します。

 

①リアルとバーチャルのつながりにほとんど差がない

Z世代は、複数のコミュニティに参加し、さまざまなSNSアカウントを通じて感情を共有し、ソーシャルメディアは彼らの生活の不可欠な一部となっています。

その結果、個人はしばしばオフラインとオンラインのつながりを区別することができません。

例えば、ジェネレーションZは、親世代は会ったこともない人とコミュニケーションをとることに違和感を覚えるかもしれませんが、ソーシャルメディア上で知り合った人やオンラインでつながっている人のネットワークを増やすことに何の抵抗もありません。

 

 

②顔を合わせてのコミュニケーションにためらいがある

オンラインやソーシャルメディア上のコミュニケーションに傾倒していると、実際の社会的状況での会話やコミュニケーションがうまくいかないことも珍しくありません。

こうした行動は、ジェネレーションZの若者に限ったことではなく、大人にも見られることです。

 

 

③インターネット検索による情報収集が当たり前になっている

ジェネレーションZは、インターネットによる情報収集の普及により、世界中から情報があふれている世代です。彼らは、問題が発生しても自分たちで探すことで解決することができます。

親世代は本や辞書、テレビ、新聞、人との会話から情報を得ることがほとんどでしたが、Z世代は携帯電話を中心にいつでもどこからでも情報にアクセスできるようになりました。

豊富な情報に素早くアクセスできる一方で、その情報が正確かどうか、誤解を招かないかどうかを判断する能力も求められています。

 

④インターネットやソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームを通じて素早く情報を共有できる

ブログなどのテキストコミュニケーション、YouTubeやソーシャルメディア上の画像や動画など、さまざまなチャネルで素早く情報を発信することに長けています。

 

⑤自分たちの理想を大切にする

Z世代は、知識への自由なアクセスを享受して育ったこともあり、多様性を称賛し、自分や周囲の人の独自性を尊重する理想を掲げています。オンラインやソーシャルメディア上のコミュニケーションに傾倒していると、実際の社会的状況での会話やコミュニケーションがうまくいかないことも珍しくありません。

こうした行動は、ジェネレーションZの若者に限ったことではなく、大人にも見られることです。

 

 

⑥デジタル機器やインターネットの使い方を必ずしも知っているわけでは無い

インターネット上の情報を認識し、解釈し、正しい方法で扱う能力をネットリテラシーと呼び、デジタルネイティブ世代に求められています。なぜなら、子どもたちは、多くの情報に触れる雰囲気の中で、間違った情報に惑わされ、困難に陥りやすいからです。

さらに、Z世代はデジタル機器やインターネットに慣れているからといって、実際に使いこなせているわけではありません。

ジェネレーションZは、携帯電話を使うことに慣れすぎて、パソコンやオフィスソフトの使い方など、実社会で活用できそうなスキルが欠けている可能性があります。

 

 

 

Z世代デジタルネイティブへの理解度アップ!?

Z世代のデジタルネイティブには、コミュニケーションをとる前に知っておくべき特徴がいくつかあります。

Z世代は社会意識が高く、個性や多様性を認めるなど、新しい時代にふさわしい特性を持っています。また、将来の社会の担い手として期待されています。

デジタルネイティブな若者であるZ世代について、そして彼らの可能性を最大限に引き出すための方法についてご紹介しました。

Share on facebook
Share
Share on linkedin
Share
Share on twitter
Tweet

Related Posts

カテゴリー

Authors

IMG
Hannah
a
Jin

JCCについて

若者、ティーンエイジャー、そしてヤングアダルトにとって、Japan Coding Clubは楽しくコードを学ぶことができるソーシャル・コーディング・クラブです。弊社はコーディングが初めての人でも簡単に始められるように、オンライン・コーディング・チャレンジを数多くデザインしています。 

誰もが少なくとも1つの分野では有能であるというのが、弊社の確固たる信念です。大切なのは自分の強みを見極め、そこに集中することです。少年が創造的・技術的な目標を実現できるよう、手助けをしてあげましょう。